menu
  • English

新しい規制要件がそのプロセスを一層複雑にしています。また、医薬品のグローバリゼーションにより、世界中で同一医薬品が使われるようになりましたが、医薬品の開発段階、市販段階などの区分はそれぞれの国で異なります。さらには市販後も単なる安全性中心の調査だけではなく、新規の適応症の開発、リスク・ベネフィット比評価、有用性の評価などその対象範囲が著しく拡大されています。 

クインタイルズ・グループは、製薬・バイオ企業を取り巻く環境の急速な変化をチャンスととらえ、お客様の「課題を認識」し、それをクリアする「革新的なソリューションを構築」しています。

そして日本の臨床開発事業本部では、次のようなサービスを提供しています。

  • フェーズ I からフェーズ IV の臨床試験業務
  • モニタリング
  • データマネジメント
  • 統計解析&画像診断
  • GCP監査、医療機関監査
  • 医薬品医療機器総合機構相談サポート
  • 薬事コンサルテーション
  • 安全性情報管理支援
  • 承認申請サポート
  • MedDRAサポート&メンテナンス
  • メディカル・ライティング
  • 国内治験管理人に関する業務
  • 国際共同試験(グローバル・スタディ/アジア・スタディ)プロジェクトのサポート
  • 日欧米三極同時開発のサポート
  • 海外における臨床試験および関連業務
  • PMS(製造販売後調査および臨床試験)
  • ECG解析

これらすべての分野において最良の結果を得られるよう、クインタイルズでは、お客さまのニーズに応じてカスタマイズしたソリューションを提供しています。

グローバルなクインタイルズについては、こちらをご覧ください


Brochure Dec 19, 2014
Read More