• English

新薬を早く、正確に申請するため、今、グローバルに展開するセントラル・ラボラトリーを利用したアジアンスタディや国際共同治験が注目されています。

しかし、国際的な承認のためにはグローバルに整合性のとれたデータが必要であり、成果を効率的に追求するにはサービスもテクノロジーも高品質でなければなりません。もちろん、検査機関の信頼性は何よりも重要です。

クインタイルズ・セントラル・ラボラトリー・サービスは、クインタイルズ・グループのリソースを有効活用し、国際共同治験業務に必要なすべてのソリューションを提供しています。

クインタイルズはカスタマイズされたサービスを顧客に提供しています

業界最多を誇るクインタイルズ・セントラル・ラボラトリーの検査センターは、いずれもクインタイルズが直接管理しています。このため、検査キットから検体の保存、分析方法、そしてデータ収集まで、全てにおいて適切な管理を実現しています。しかも全センターにおいて機器や標準業務手順書を統一化しているため、たとえば南アフリカの患者の結果と北京の患者の結果の直接比較も可能になります。

また、世界に展開する検査センターをネットワークで一元管理していますので、お客さまは治験を実施したい場所で必要なサービスを利用できます。クインタイルズは現地の言語や習慣にも通じ、規制当局や輸送業者とも良好な関係を築いています。このため、検査キットのセットアップや治験実施計画書、輸送について、現地の治験施設を的確にサポートできるとともに、スケジュールや標準業務手順書を厳守できます。 その結果、グローバルに整合性のとれたデータベースの利用、効率的な分析、早期のデータベース・ロックが可能になり、お客さまは十分に情報を得た上で、より迅速に意志決定できるようになります。

さらに、クインタイルズ・セントラル・ラボラトリー・サービスのインフラを利用することにより、これまで一般的でなかった地域での症例集積を進めることができ、他国への高額な輸送費用も削減できます。 クインタイルズ・ラボラトリーは、米国、ヨーロッパ、南アフリカ、インド、中国、シンガポール、日本に検査センターを所有し、ネットワークとして一元管理しています。また、アルゼンチンとブラジルでは、協力検査機関がサポートしています。 クインタイルズはカスタマイズされたサービスを顧客に提供しています。そしてクインタイルズ・セントラル・ラボラトリー・サービスは、緊密に連携した専門家チームのネットワークで成り立っています。

それぞれのチームが、複数の治験や治療分野における特定のニーズにお応えします。 私たちはお客さまと協力しながら、治験実施計画書やニーズに合ったデータベース基準を構築します。

しかも、お客さまの計画作成やコミュニケーション、問題解決などの方法を完全に理解した上で、プロジェクトを開始します。このため、お客さまのやり方をいちいち学び直す必要がなく、治験開始時という最も重要な時期にお客さまの時間を節約することができます。

詳細はこちらをご覧ください