日本の治験では、臨床試験で必要となる症例数が集まりにくく、日本だけでは症例を集めることが難しくなってきています。アジアン・スタディは、人種差が比較的小さい東南アジア(韓国、台湾など)で包括的に臨床試験を実施することで、日本国内での新薬の承認申請ならびに東南アジアへの承認申請も同時に行うことが可能となります。

クインタイルズでは、アジア太平洋においては、日本とオー
ストラリアで1993 年に業務開始して以来、20 年にわたる
実績を誇ります。15ヵ国の26 事業所の5,000 名を超えるスタッフが、今まで培ってきた実績や豊富な経験を基にしてお客さまの医薬品・医療機器ビジネスを最短距離で成功へと導くため、
高水準・高品質のサービスを提供することをお約束します。                 

コンテンツは日本語です。