医薬品産業はその将来に問題を抱えており、岐路に立たされています。この問題は、医薬品産業が形成される過程で生じた深刻な構造欠陥に起因しており、非常に根深いものです。斬新的な改革では、もはや対応できません。医薬品産業には根本的な変革が必要であり、アジアにはこうした体制を再構築するために比類なき機会が存在します。変革のための必要条件は、製薬企業が、アジアの興隆または再興を正しく認識すること、さらに、地域を理解し(understanding local)、地域で考え(thinking local)、地域に根差す(being local)という難題を濃く振ることです。医薬品開発業務委託期間(CRO)は、産業横断的な視野を持っており、「車輪とスポーク」という新しいパートナーシップモデルにおいて中心的役割を担っていることを自覚し、アジアにおける単なるサービス提供者から医療変革の主導的な実行者へと進化する必要があるのです。                                   

 

コンテンツは日本語です。

 

The biopharmaceutical industry stands at a crossroads with its very future in question. The problem is deep-seated, arising from serious structural flaws in the way the industry has been constructed. Incremental innovations are no longer sufficient. The industry needs a radical transformation, and Asia offers a unique opportunity for remodeling the system. The pre-requisite, however, is that biopharmaceutical companies truly comprehend the emergence—or re-emergence—of Asia, and meet the challenge of understanding local, thinking local and being local. Contract Research Organizations (CROs), with their cross-industry view of the landscape, must understand their pivotal role within the new “wheel-and-spoke” partnership model, and evolve from being pure service providers to becoming key enablers of healthcare transformation in Asia.

The content is in Japanese.